治療として必要な場合も

女性

金銭的な負担を軽くできる

うつ病は今現在、15人に1人は発症すると言われているほど、誰しもが発症する恐れのある身近な病気となっています。そのまま放置してしまうと症状が重くなり治りにくくなるだけでなく、場合によっては自ら命を絶ってしまう危険性もあるので注意が必要です。もし、自分は身近な人がうつ病かもしれないという場合は、できるだけ速やかに精神科や心療内科のある病院を受診しましょう。うつ病と診断された場合、薬物治療や精神療法といった治療を行うのがメインですが、場合によっては入院する必要もあります。入院する必要があるケースとしては、症状の進行度合い、生活環境、他の病気との兼ね合いなど様々な面を考慮して提案されるのが一般的です。うつ病を発症すると食欲が低下することが多いのですが、自分の意思で食事をするのが難しいという場合は、推奨されるケースも少なくありません。重度になると自分の身体を傷つけてしまう自傷や自殺願望が強くなるので、1人にしておくのは危険と判断された場合、24時間サポートするために入院の措置が図られます。治療は抗うつ薬を服用するのが一般的ですが、症状や精神状態の変化によって量をコントロールする必要がある場合も、入院するケースが多いようです。この他にアルコール依存症など他の病気も併発していたり、家族からのサポートを受けられないというケースも該当します。特に病気について家族の理解が得られない、うつ病の原因が家庭環境にあるという場合は自宅療養が困難ということもあり、入院する必要があります。うつ病を治療する上で医師が必要と判断した場合は、薬物治療や精神療法に加え入院を提案されるケースも多いようです。働いている人や子供がいる人などは入院と聞くとどのくらいの期間、病院にいなければいけないのか不安に感じるかもしれません。病院にいる期間は症状などによって大きく異なりますが、うつ病などの気分障害の在院数は平均113日間です。1ヶ月から3ヶ月で退院する割合は約36%、そして半年以上退院にかかってしまうケースは、約18%程度というデータもあります。症状が軽いうちであれば1ヶ月から3ヶ月と、比較的短い期間で退院できるのでうつ病は放置せず、病院でしっかり治療を受けるということが大切です。ただ、入院するとなると退院するまでの期間だけでなく、どのくらいの費用がかかるのか金銭面での不安も出てきます。期間が長引けば長引く程、治療費は高額になりますが日本では「高額療養費制度」といって、医療費の返金を受けられる制度があるので活用すると良いでしょう。高額療養費制度は毎月の医療にかかる費用の上限額を定めて、一定額を超えると自己負担が少なくなる、または返金されるという制度です。高額療養費制度を利用すれば、もし長期にわたる入院になってしまった場合も支払額を軽減できるので、金銭的な負担も軽くなります。この他に民間の保険によっては1日からの入院でも、保険金を給付するというプランがあり、これらも上手く活用できればより治療費を軽減することが可能です。色々な制度や保険の情報をチェックしておいて、金銭的な不安を解消することができれば、治療に専念できるでしょう。

Copyright© 2018 入院して心置きなくうつ病を治そう【治療に適切な環境】 All Rights Reserved.